電子給与明細の法律

電子給与明細についての法律を徹底解説

給与明細の発行は法律で義務づけれられている?

電子給与明細でも給与明細の発行は法律で義務づけれられているの? 所得税法とよばれる法律で規定されている従業員に給与明細を発行する義務は、電子給与明細を導入していても同様です。
しかし、法律では給与明細をどのような媒体で交付しなければならないのかまで言及されてはいないため、紙に印刷して交付しても、データとして従業員に渡しても、給与明細書の体裁が整っていれば法的には問題ないということになります。
ただし、電子給与明細の導入は従業員からの同意を得ていることが大原則です。
仮に、紙媒体での交付を希望している従業員がいたら、その人に対しては紙に印刷した上で手渡さなければなりません。
また、電子給与明細システムを先行して導入したとしても、電子給与明細に正式に移行するには従業員の過半数から同意を取り付ける必要があります。
この同意についても、口頭ではなく文書の形でのこしておかないと後々トラブルに発展しかねません。
給与明細のペーパーレス化を実現させるためには、それなりの準備が必要です。

電子給与明細をシステム化しても法律も問題なし

電子給与明細をシステム化しても法律も問題なし 会社で必要な業務の給与計算ですが、人の出入りや異動といった人事マスターをしっかり管理をおこない、給与を決める元になる勤怠を取りまとめます。
勤怠管理がとても大事でこれらデータ化することは効率化にも大事な要素です。
給与計算が時間がかかるのは、これらマスターの管理だけではなく、給与明細の印刷と配布作業です。
人数が多い場合などより時間がかかります。
今や様々な業務がシステム化、電子化されていますので電子給与明細も効率化する方法です。
給与計算などは法律が大きく関わっていて、それらか確認しながら取り組む事が大事です。
給与明細も法的に個人がいつでも見れるようにしておく必要があります。
電子給与明細にすると法律に違反するのではないかと考えている人もいますが、これらシステム化、電子化してももんだいはなく、スマートフォンなどを使用してWEBで確認ができるのであれば問題ありません。
このようにまだ作業を効率化できます。

新着情報

◎2020/8/19

電子給与明細を縛る法律
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

明細の管理手法にまつわる法律
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「明細 システム」
に関連するツイート
Twitter