電子給与明細の法律

電子給与明細についての法律を徹底解説

給与明細の発行は法律で義務づけれられている?

電子給与明細でも給与明細の発行は法律で義務づけれられているの? 所得税法とよばれる法律で規定されている従業員に給与明細を発行する義務は、電子給与明細を導入していても同様です。
しかし、法律では給与明細をどのような媒体で交付しなければならないのかまで言及されてはいないため、紙に印刷して交付しても、データとして従業員に渡しても、給与明細書の体裁が整っていれば法的には問題ないということになります。
ただし、電子給与明細の導入は従業員からの同意を得ていることが大原則です。
仮に、紙媒体での交付を希望している従業員がいたら、その人に対しては紙に印刷した上で手渡さなければなりません。
また、電子給与明細システムを先行して導入したとしても、電子給与明細に正式に移行するには従業員の過半数から同意を取り付ける必要があります。
この同意についても、口頭ではなく文書の形でのこしておかないと後々トラブルに発展しかねません。
給与明細のペーパーレス化を実現させるためには、それなりの準備が必要です。

電子給与明細をシステム化しても法律も問題なし

電子給与明細をシステム化しても法律も問題なし 会社で必要な業務の給与計算ですが、人の出入りや異動といった人事マスターをしっかり管理をおこない、給与を決める元になる勤怠を取りまとめます。
勤怠管理がとても大事でこれらデータ化することは効率化にも大事な要素です。
給与計算が時間がかかるのは、これらマスターの管理だけではなく、給与明細の印刷と配布作業です。
人数が多い場合などより時間がかかります。
今や様々な業務がシステム化、電子化されていますので電子給与明細も効率化する方法です。
給与計算などは法律が大きく関わっていて、それらか確認しながら取り組む事が大事です。
給与明細も法的に個人がいつでも見れるようにしておく必要があります。
電子給与明細にすると法律に違反するのではないかと考えている人もいますが、これらシステム化、電子化してももんだいはなく、スマートフォンなどを使用してWEBで確認ができるのであれば問題ありません。
このようにまだ作業を効率化できます。

新着情報

◎2020/8/19

電子給与明細を縛る法律
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

明細の管理手法にまつわる法律
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「明細 システム」
に関連するツイート
Twitter

やっぱり減給は納得いかん🤷‍♂️ そもそも明細を個人的に見れるシステムが無いとかおかしいよな? それが無理なら紙媒体で個人に配布やろ普通 欲しい人だけ会社のシステム使って印刷しないとダメとかバグってるわ こっちが忙しいから印刷するのも億劫になるって分かっててやってるとしか思えん👎

Twitterサウンズオブアース【4番目の逆神】🏇ボウマン超机神@漢・田辺裕信@Soundsof_Bowman

返信 リツイート 5分前

後から明細確定するシステムストレスたまるわ

返信先:@aoi_tsubasa320 自分はWeb明細で、使った方が全面的に出ちゃうシステムなので払い戻し分もしかしたら見落としかも知れないです😅 (がさつな性格ゆえ気にしてない) 返礼品の方は気長に待とうかと。 引っ越しした旨は、どなたか知り合いで届いた人がいたら発送元を聞いて改めて問い合わせてみては🤔

返信先:@RIC49855911 本当はauWalletのチャージは三井住友は非対応なんですが、UQは何故か通っちゃいますw(au はダメ) クレジットの請求も au →au かんたん決済au Walletチャージ(別カード明細) UQ→UQモバイルご利用料金 で来るので、根本のシステムが違うのかもしれませんね〜

銀行口座の支出入明細見ようとして、見ようと思う暇な時間帯がオンラインシステムのメンテ時間帯と被るバグに毎回遭遇する

Twitter稲荷千穂@おから首領@okaraDON

返信 リツイート1 9/18(金) 23:56

なんなら給与明細システムもあるのかも教えて貰ってないから残業代ちゃんと入ってるのかも分かんないからほんとゴミ

で、「認証が完了しました」という要らないメールが来るのでフィルターを追加せねばならない。 今日はイオンカードの利用明細に関するシステム変更のせいで、大変めんどくさい日だった。

給与明細システムのIDとか教えてもらってないから見れん

デジタル庁と縦割り110番にぜひお願いしたいこと ・税務署と社会保険庁は同時に申告から決算までweb完結できるようにして欲しい ・紙の領収書や給与明細は全てデジタル化 ・会計士、税理士、司法書士、弁理士、社労士さんが全てバラバラだけど、全部オンラインシステムで完了すると必要なくなる

Twitter投資家 マネーコーチ株式会社代表取締役 大谷正光 プライベートバンカー@jikojitugen

返信3 リツイート1 9/18(金) 13:59

どこまで汚い会社なんここは これじゃあいくらなんでも 勤怠システムと給与明細と支給額に 相違はないって言い張っても 筋が通らんのはわかっとるやろうな人事も こっちももう出るとこ出とるなら 徹底的に支払わせるけど それともこっちが然るべき手段に 出たことに対しての報復ですか?