電子給与明細の法律

電子給与明細を縛る法律

電子給与明細を縛る法律

電子給与明細を縛る法律 電子給与明細にはコスト削減や作業の効率化などメリットが複数ありますが、利用するためには従業員の同意を得なければなりません。これは法律の制度として決まっていることで、もしひとりでも同意しない人がいれば、その人への別の対応が必要になります。
その理由は様々で、そもそも電子機器の扱いが得意でなかったり、紙の方が管理がしやすいなどが考えられます。そしてどのような理由であっても、同意しないのであれば同じことです。企業側に認められているのはあくまでも説得程度です。したがって完全に電子給与明細化をしたとしても、紙での発行を全くしなくて済むというわけではありません。企業側は従業員に求められれば給与明細を作成する必要があります。これは法律で決まっているからで、拒否するのは不可能です。ただ同意をしなかったり紙での発行を求めるのが一部の少数派だけだった場合は、対応もしやすいかもしれません。残りの部分で電子給与明細の強みを活かせる可能性はあります。

電子給与明細にするときは社員の同意が必要

電子給与明細にするときは社員の同意が必要 会社の給与明細を電子給与明細に変更することは法律上では問題なく、労働基準法の賃金台帳の整備義務や健康保険法の保険料控除、所得税でも紙である記載はありません。既に社員が電子化へ同意していることが前提で、移行しても殆どの従業員が紙での交付を求めていると紙での交付になります。
法律上、社員から紙での電子給与明細ではなくて紙で請求されたら必ず応じないとならず、同意がないと電子化には出来ません。未然にトラブルを防ぐには同意を先に得る必要があり、ペーパーレスのメリットなども伝えて相談することが先決です。また、従業員一人ずつのネット環境も欠かせず、スマホやパソコンを使ってない人は少ないですが会社ではネット環境が整ってない人への個別対応も必須です。たとえネット環境があってもWeb上の操作が慣れてないと紙の方がいいという人もいますし、マニュアルや社内での対応など色々と環境を整えていくことも必要です。
一番注意したのがセキュリティ面で、急激なIT社会への変化している中で情報漏洩やデータの改ざんなども多いです。給与明細も個人情報なので、第三者へそれが漏れてしまったり金額を改ざんされることは絶対に防がないといけません。ウイルス・不正侵入・会社内での管理ルールなど対策が必須です。

新着情報

◎2020/8/19

電子給与明細を縛る法律
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

明細の管理手法にまつわる法律
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「明細 電子」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@konnta_maki 私も最近は電子書籍にしてるのですが、コレは毒です… 手軽すぎるし、場所も取らないから、すぐポチポチしてしまい、カードの利用明細を見てガーン ∑(゚Д゚)

給料明細がほしい人は自分で封筒を用意して、自腹で切手貼って、人事に渡すんだって…電子明細発行してないそちらの落ち度では?って思うんだけど、源泉徴収の時に困るから用意するしか無い😇

クレジットの電子明細を確認していたら、Amazonの注文履歴と合わない項目があり、すわ不正請求かと不安になって色々確認してみたら、半年前に予約したBDが配送された日だった。あ、ごめん、本当に買ってた。

電子なのか紙なのかすら そもそも分かってない() ただ給料は振り込まれてた… でも明細ないから何がどんだけ引かれたのか分からん…

このグラフ、会社負担を給与にいれてる部分とか、恣意的だなと思いはするけど、実際税比率高いとは思う。 会社の給与明細電子化されたから、自分でエクセルファイル作って転記してるんだけど(一年したらデータ見れなくなるし)、それやりだしてから税金部分の多さをしみじみ噛み締めてる

ASN(事前出荷明細) 送り先に対して商品を出荷する前に電子データで伝達する出荷案内データ

Twitter中小企業診断士 資格勉強bot@smec925

返信 リツイート 9/18(金) 20:04

給料明細電子化されるから登録しなきゃいけないんだった。めんど…

童貞だからHPVワクチン接種受けてきた。35k × 3回で105kは高いけど意識高ぶり代としては全然安いっすね〜 筋肉注射だから多少は痛かったけどそれぐらいだった。 今日は電子交付で紙くれなかったから、画像の明細書は2回目のときのやつ pic.twitter.com/Sx1mvTaZ8p

働いてる会社が、給料明細電子化される話。紙派なので、困るな。今現在、どれくらいの会社が、電子化されてるんだ?#給料明細電子

先輩だけど部下の「M」 その20 不正引き出しによるニュースが多い中、私の先輩だけど部下の「M」は、以前債務整理をしているので、クレカも電子決済も登録出来ません。当然貯金もなく、給料明細にも差し押さえの文字があります。「心配なくて良かったねぇ」と私は思う。